Dec.2018

03

ウィリアム・モリス ~美しい生活をもとめて~

ここ数日、冷え込みが強まり

早くも初冬の気候となってまいりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

ご無沙汰しております。

コーディネーターの田村です。

 

今回は、スウェーデンから離れますが

先日、久留米市美術館で開催中( 2018.11.17Sat-12.27Thu )の

『ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 ~美しい生活をもとめて~ 』

に行ってまいりましたので、ご紹介させていただきます♪。

 

 

 

 

ウィリアム・モリス( 1834-1896 )とは

19世紀の英国を代表する詩人であり思想家、そして工芸家にしてデザイナーです。

モリスが生きたヴィクトリア朝時代、産業革命により大量生産された商品が溢れ

消費者は、必要なものを安く手に入れることが出来るようになりました。

しかし、モリスは丁寧な手仕事から生まれる美を愛し

自然と装飾との共生を目指したそうです。

 

 

 

 

入館すると美しい世界が広がっていました。

デザインは、植物・動物など自然豊かで、色彩もとても綺麗!!。

まるで森の中にいるようでした。

 

 

 

 

 

今でこそ「 丁寧な暮らし 」という考え方が取り戻されつつありますが

その源流はどこからきているのでしょうか。

美しい作品に触れ、豊かな暮らしや美しさについて

改めて考えさせられる良い機会となりました。

弊社では、今回ご紹介した「 ウィリアム・モリスの壁紙 」をはじめ

国内外の多くの壁紙、カーテンをご用意しております。

ご興味のある方は、ぜひ展示場へお越しください♪。

お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

↑Page TOP