Apr.2016

03

薪ストーブはいかがでしょう?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、本日は朝からお引渡し前の社内検査をしに行ってきました。今日はとても暖かく、会社に戻る途中に見る景色は、桜も満開でいくつかの公園ではご家族でのお花見が楽しそうに行われていました。

淡いピンク色の数多くの桜と楽しそうな皆さんの笑顔と食べ物と飲み物の数々。いや~幸せそうです。

そんな季節にもかかわらず本日は薪ストーブのお話しです。

現在日本では、オール電化のエコ住宅が主流になりつつあり、当社も勿論その流れもありますが、同時にキッチンはガスを使用したり、リビングには薪ストーブを入れられるお客様も数多くいらっしゃいます。

大きな災害発生時を想定した場合はこれも正解のような気が致します。長い停電があった場合、オール電化では停電時には全ての機能が停止してしまいます。数年前に関東地方でも計画停電が実施されました。

真冬に住宅内で暖がとれないとなると、なかなか厳しいものがあります。

リスクヘッジの意味でもリスクは分散しておいた方が良いのかもしれません。

薪ストーブがあれば、薪が無い場合でも、ひとまず何か燃やせるものがあれば、暖をとることは出来、暖かい食べ物を食べることも可能になります。

いつもはオブジェのようになってしまっていたとしても、たまに火を見て心を落ち着かせ、パチパチとなる音に癒され、いざ災害時には確実に暖がとれる頼もしい奴!

4

そんな薪ストーブを暖かくなる今からの季節に新築をお考えの皆様にも少し思い出していただければと思い、本日のテーマに致しました。

では、お邪魔いたしました。お花見の続きをどうぞ!

SONY DSC

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

↑Page TOP